磯山さやかは高校生時代からセクシーグラビアアイドルとして、いろんな際どいポーズや仕事もこなしてきた明るく元気な子です。
そんな磯山さやかも高校を卒業し、成人してからの今は、相変わらずの体当たり豊満ボディ露出路線や、東京ヤクルトスワローズの女子マネージャーのようなスポーツキャスター的路線、そして大人のムードや違う一面を見せる新感覚路線など、いろいろな磯山さやかにチャレンジしています。
磯山さやかのファンには、昔からのグラビアでのポッチャリ系ムチムチダイナマイト路線をこれからも期待している声が多いですし、大人になって欲しくない、痩せて欲しくないという勝手?な意見も良く耳にします。
また最近のファンの中には、野球からつながって磯山さやかのファンになった人もいます。そういう方にとっては、野球中継やブログなどから感じるように、グラビアとは違ったマジメな磯山さやかがいいのでしょう。野球のことを結構知ってるアイドルで、実は脱いだらすごい!なんて感じでしょうか。
果たしてこれから彼女は、セクシーグラビアアイドルを抜け出すのか?
それともこのまま露出は残して、幅広く活動していくのか?
年齢的に難しくなってきた磯山さやかの今後に期待します。

磯山さやかのファンにとって、磯山さやかの魅力は色々あると思いますが、たくさんのグラビアアイドルの中で、これからも生き残っていくためには、磯山さやからしさを出していかなければいけないと思います。
30代になってもトップで頑張っているほしのあきは珍しいタイプで、多くのグラビアアイドルは10代から20代に成長していくところで路線変更に失敗したり飽きられたりしています。
磯山さやかも高校生の頃は「とにかく明るく元気なのに体はエロイ」という感じで、男性をドキドキさせてきたわけですが、20代になると「若くてピチピチ!」では10代に負けますし、中途半端な大人のムードでは大人しく消えていってしまいます。
同じポッチャリ系でも、キャラクターと戦略が成功してついでにハッピーな結婚までした小池栄子あたりは、磯山さやかにとっても参考になるパターンだと思います。
最近のアダルトビデオに出てくる女優も、「こんな顔でこんなことまでやっちゃうの!?!?」というくらいレベルが高くなっているので、過激露出&際どいポーズ路線だけでは磯山さやかは生き残れない可能性が高いと思います。
セクシー系の路線を歩みつつ、スポーツ色を出したりして、知的な部分ももっと売りにしていくのがいいのではないでしょうか。

 

 DV 家庭内暴力  定番ブランド  転職マニュアル  マイカーローン

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する